時のウィークとは?
時の記念日は1920年(大正9年)、政府が国民生活改善のための時間尊重の趣旨から、天智天皇が671年水時計を用いて、公式に時報をはじめた6月10日を記念日と制定しました。また、1886(明治19年7月13日勅令第五十一号)年に、世界時に9時間加えた時刻となる東経135度子午線上の時刻を自国の標準時として定めました。 1888(明治21年1月1日)年より東経135度子午線を日本標準時子午線と定めています。この東経135度線が明石市を通っていることから、明石は「時のまち」として知られるようになりました。

 さぁ!6月10日時の記念日がやってきました。
 今年も時のウィークで少しだけ時間を止めて、今の自分を見つめてみましよう。ふとした瞬間に感じる幸せ、家族、恋人、友人たちとの絆が深まる出来事が時のウィークにきっとあるはずです。大きな出来事ではないけれど、皆様にとって忘れられない思い出の一日になってほしいと私たちは願っています。人生はかけがえのない時の積み重ね、今この時に感謝をしましよう。
そんな祭りであってほしいと今年も全力で運営に取り組んでいきます。
 今年はバブル時代の1980年代に照準をあて「バブル花咲く昭和の薫り」をテーマに開催させていただきます。音楽そして各箇所でこの時代を懐かしく思っていただければと思います。出来れば皆様にもこの時代のファッションで会場にお越しいただけると嬉しく思います。ぜひ皆様も一緒に楽しみましょう。
 今回も沢山のボランティアメンバーが皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

時のウィーク2015 実行委員長 宮本享明

ホームページ上で掲載されている写真の無断転用・無断掲載を固く禁じます
お問い合せ | サイトマップ | プライバシーポリシー |
Copyright(C)2011 Akashi Toki Kando All Rights Reserved.